水素水ランキング

水素水のサーバー型ランキング

水素水を飲むにあたって、自分の生活スタイルにあった商材を選ぶことはとても大切です。
水素はとても逃げやすい性質があるため、水素水のボトルを開けたり生成した時から、時間がたつごとに水素はどんどん逃げて、水の中の水素の保有量はどんどん落ちていきます。
ですので、自分がどこで飲むのか、どうやって飲むかを考えた上で商品選択をする必要があります。

今回は、サーバー型の水素水をランキング紹介したいと思います。
(※このランキングはあくまでも当サイト個人での見解です。使用感は個人差があり、紹介の内容を保障するものではありません。)

1.アキュエラブルー(エコモ・インターナショナル株式会社)
アキュエラブルーは水素水サーバーの中でもっとも高性能と言えるでしょう。
電気分解方式で、水素保有量0.8〜1.0ppm、酸化還元電位-500mVと、企業が販売するアルミパウチ容器型と並ぶくらいの水素水を作り出すことが出来ます。
しかも水素の気泡の大きさがとても小さいため、他の水素水とくらべ、水素が長時間抜けにくいという利点もあります。
ただ、お値段的にもかなり高く約30万ほどになります。カートリッジやフィルター交換が不要で、8年間の耐久テストに合格しているため、初期費用以外ほぼお金がかからないところは魅力的ですね。

2.アクティブビオ2(株式会社東光高岳)
アクティブビオ2は浄水器と水素水生成器が一緒になっている水道直結タイプの製品です。
水素水部分は電気分解方式で、水素保有量1.0ppm、酸化還元電位-400〜500mvとこちらもかなり内容が充実しています!
水道をひねるだけで、これだけの濃度の水素水が味わえるのはすばらしいことですね。
初期費用は16万程。内容とあわせてみると納得の出来る価格です。一年に一回、約1万かかるカートリッジの変更が必要になるそうです。

3.水素水サーバーSOMA(ミライプラス株式会社)
SOMAは水を入れて、その水を水素水に還元する形式のサーバーです。
ボタンを押して3分で水素保有量0.522ppm、酸化還元電位200〜300mvの濃度の水素水作れる簡単さが魅力的です。
ポット式で持ち運びもしやすい上、価格が10万円を切るので手軽に水素水を飲みたいと言う方におすすめです。

水素水サーバーはサーバータイプからポットタイプまで多様な商品があります。
他にもいろいろな形があるので、参考にしてみてくださいね。